Welcome to touyou note!!

こんにちは。touyouです。touyou noteは、creativeな人間を志すちっぽけな学生が様々なことに体当たりするブログです。
どうぞお楽しみ下さい。

Twitter: @touyoubuntu
HomePage: TOUYOUBUNTU

検索用ワード

PC Linux Windows Cygwin Android Python Java C/C++ C# HTML Processing Lisp Perl Arduino Japanino Unity Google TopCorder Codeforces Vim Emacs Github PSP Gundam Soccer Mobile Dialy Study Music ...

2010年4月12日月曜日

AndroidApplicationAwardへの道#1

土曜日のこと・・・
前々からどうせプログラミングするなら、コンテストにでも応募してみろみたいな事を親から言われていました。で、何となく過去の雑誌をあさっていたらありましたよ!AndroidApplicationAward2010Spring
締め切りが4月16日(予定)と記載されており、日曜日に駄目もとですが開発環境をインストールしました。
で、公式サイトに行ってみると締め切りが5月初頭に伸びている!俄然やる気が出て、javaど素人の僕が学生賞を目指すことになりました。
今回は、そんな自分の勉強もかねてAndroidアプリケーション開発の入門から紹介していこうと思います。


[1]アンドロイド開発環境のインストール on Windows

では、初めに開発環境のインストールから。
まず最初に下のリンクからAndroidSDKとEclipseをダウンロードしてください。
  1. AndroidSDK
  2. Eclipse
それぞれ任意のディレクトリ(今回はC:\直下に入れたことにします)に解凍したら、コントロールパネル→システム→詳細設定タブ→環境変数のPathに”;C:\android-sdk-windows\tools”と追記。
その後、android-sdk-windowsディレクトリに行きSDK Setup.exeを起動してプラットフォームをアップデートします(SSLエラーが出る場合はSettingsの"Force https://... sources to be fetched using http://..."のチェックボックスをオンにする)
これが終わりましたらEclipseを起動します。ちなみに、Eclipseの日本語化パッチがありますが中途半端な知識でやると使えなくなる機能があったりするので英語版を推奨します。
作業ディレクトリを指定して起動したら[Help]→[Install New Sotfware...]でAddボタンより、NameにAndroid Plugin、Locationにhttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/を指定します。そして、出てきた項目のチェックボックスをオンにしNext→Finishでインストールしたら再起動します。
続いて[Windows]→[Preferences]でツリーメニューからAndroidを選択し、SDK Locationに”C:\android-sdk-windows”を指定しApplyボタンで適用します。
大体はこれで終わりです。エミュレータを起動するなら[Windows]→[Android SDK and AVD manager]から[New]を押し、Nameに適当なものをいれ、目的に応じてTargetをきめます。

[2]アプリケーションの作り方---HelloWorld編

続いてアプリの基本的な作り方について説明します。
まず、[File]→[New]→[Project]といきツリーメニューからAndroidProjectを選びます。そして、次のように設定します。
  • ProjectName:プロジェクトに使いたい名前を記入。
  • Create new project in workspaceをオン。
  • Use default locationをオン。
  • Build Targetで開発したいアプリのプラットフォームを指定。
  • Application name:アプリの名前を記入。分かりやすいようにプロジェクト名と同じにする。
  • Package name:パッケージの名前を記入。"jp.android.sample"など。
  • Create Activity:アプリなどの名前と同じものを記入。
  • Min SDK Version:デフォルトのままでよい。
書き終えたら、Finishで完了です。すると、指定したプロジェクト名のファイルがワークスペースに作成されます。

今回は、ここまでとします。詳しい、ファイルの役割などは今度解説するつもりです。
最後に、参考にさせてもらったサイトのリンクを貼っておきます。この3サイトには、僕より詳しい解説などもあるので参考にしてください。
p.s.コンテストに参加するに当たり、アプリのアイデアが欲しいです。なので「Xpediaでこんなアプリがあったらいいな。」などのビジョンを持っている方はコメントに書いていってください。参考にしようと思います。あと、これ以後自分のソースを公開することもあると思います。その時は、助言などもよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿