Welcome to touyou note!!

こんにちは。touyouです。touyou noteは、creativeな人間を志すちっぽけな学生が様々なことに体当たりするブログです。
どうぞお楽しみ下さい。

Twitter: @touyoubuntu
HomePage: TOUYOUBUNTU

検索用ワード

PC Linux Windows Cygwin Android Python Java C/C++ C# HTML Processing Lisp Perl Arduino Japanino Unity Google TopCorder Codeforces Vim Emacs Github PSP Gundam Soccer Mobile Dialy Study Music ...

2010年11月6日土曜日

地域学習メモ

地域学習という教科がありますて、そのまとめです。

えぇ。内輪ネタですので気にしないで下さい。

江戸和竿-上写真の文

 江戸和竿とは、天然の竹を用いた「継ぎ竿」のことで、江戸時代中期に江戸でつくられた。その後、江戸時代後期に一大発展をとげ、数多くの名品を生み出してきている。
 今日の江戸和竿職人の系譜は、天明年間に江戸下谷稲荷町の広徳寺前に開業した泰地屋東作(たいちやとうさく)に遡るといわれ、現在、東京は全国有数の産地を形成している。
 江戸和竿の特徴は、あらゆる魚の種類に応じた竿を製作していることや、竹の表皮を生かした漆仕上げにある。魚がかかったときの感触には独特なものがあるといわれている。


江戸和竿 吉田嘉弘

 江戸和竿とは、何本かの異なる竹(布袋竹、矢竹、淡竹、真竹)を継ぎ合わせ一本の釣り竿にする「継竿」のことをいう。
 吉田さんはキス竿(約1.6m)、カワハギ竿、ハゼ竿、タナゴ竿(90cm)、フナ竿などの小物竿を得意とする。

写真解説

上・・・江戸和竿説明文。上の文章を参考。?部分は随時解明予定
下・・・一番上がキス竿、一番下がタナゴ竿。

参考サイト


関連施設情報

江東区中川船番所資料館
開館時間9:30~17:00(ただし入館は16:30まで)
休館日月曜日(臨時休館あり)
入場料中学生50円
所在地〒136-0072東京都江東区大島9-1-15 TEL:03-3636-9091 FAX:03-3636-9094
交通機関都営新宿線「東大島駅」(大島口)より徒歩5分
説明当館の釣具展示室では江戸和竿を中心に、季節に応じた釣具をはじめ、釣り文化を紹介する資料や錦絵等をご覧いただけます。年3回、竿師さんをお招きし、江戸和竿の製作実演も開催しています。
URLhttp://www.kcf.or.jp/funaban/
Mailfunabansho@kcf.or.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿