Welcome to touyou note!!

こんにちは。touyouです。touyou noteは、creativeな人間を志すちっぽけな学生が様々なことに体当たりするブログです。
どうぞお楽しみ下さい。

Twitter: @touyoubuntu
HomePage: TOUYOUBUNTU

検索用ワード

PC Linux Windows Cygwin Android Python Java C/C++ C# HTML Processing Lisp Perl Arduino Japanino Unity Google TopCorder Codeforces Vim Emacs Github PSP Gundam Soccer Mobile Dialy Study Music ...

2011年3月25日金曜日

Androidアプリ開発[基礎編]#2

こんにちは。

だいぶ間があきましたが…えぇ…

今塾どこに行くか迷っております。

T緑NG、さて、KS生のT大合格率が一番高い塾はどこでっか?

…(苦笑)


まぁとりあえず連載進めましょう。
ソースコードはやっぱ一部のみで。


本にのってたものなんでw


急激にめんどくさくなってきました。・・・あ、すいませんm(__)m

とりあえず音声読み上げアプリつくるそうです。えぇ。


File=>New=>Project=>Android Project !!!!!!


Project nameがHelloAndroidとか、ビルド対象(Build Target)がAndroid1.6、アプリケーション名はApplication nameもHelloAndroid、パッケージ名がcom.adamrocker.android.helloとかそんな感じで。アクティビティ名はHelloAndroidActivityみたいな。Min SDK Versionは4!!!

え〜と。解説です(;´Д`)

ここまでさらっと、めっちゃ適当にいってきたのはプロジェクトの作成方法です。

とりあえず最初のとおりに操作するとAndroid Projectの作成画面が登場します。


つぎにあるのがその設定の例ですね。
プロジェクト名というのは、Eclipseでのプロジェクトの名前です。

Androidのソースコード、XMLファイルなどはすべてこの名前のフォルダに格納されます。
で、ビルド対象というのはそのアプリケーションを動かすAndroidのバージョンです。

また、そのアプリは指定したバージョン以上のAndroidでも動きます。

Application nameはそのアプリケーションの名前です。アイコンの下とかユーザーがこのアプリだと認識できるような固有名詞。

パッケージ名はJavaの独特の概念?ともかく自分のドメインを逆から読んだものなどが使われます。あんま気にしなくてもいいです。ただしかぶってしまうようなものはいけないそうです。


アクティビティ名はAndroidのアクティビティを継承するメソッドの名前です。慎重に命名とのこと。

最後のMin SDK VersionはAndroidのバージョンを判断する整数値です。Androidはマイナーアップデートを含めバージョンアップするたび1ずつそれを増やしていっています。Android1.6の場合は4なので4を指定しました。


以上でプロジェクトが自動的に生成されます。

ではまずxmlで画面を設計します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    >
<EditText android:id="@+id/text_et"
 android:layout_width="fill_parent"
 android:layout_height="wrap_content"
 />
<Button android:id="@+id/execute_btn"
 android:layout_width="wrap_content"
 android:layout_height="wrap_content"
 android:text="@string/execute_btn_label"
 />
</LinearLayout>

/res/layout/main.xmlをこういうふうに改変してみましょう。
まずLinearLayoutというのは基本的なレイアウトです。android:orientationでここではverticalを設定していますが、この場合は要素を縦に並べていき、ここをhorizontalと指定すると横並びになります。

それでは要素を見ていきましょう。
EditTextというのはテキストボックスのことです。

ユーザーがテキストを入力したりすることができる欄です。
まずid="@+id/text_et"とありますがコレはJavaのソースコードからこの要素にアクセスするためのIDとなります。

あとでソースでご説明しますが、これは保存するとgenというフォルダにあるR.javaというところを見るとtext_etという要素が追加されてると思います。

さてさて、そしてlayout_widthとlayout_heightはその要素の横幅と縦幅を表します。

このコードのようにfill_parentやwrap_contentなどだけではなく320pxなど具体的な数値も指定できます。ちなみにwrap_contentはその要素が収まる最小の長さ、fill_parentはその上位の要素に収まりきる最大の長さとなります。

編集中・・・たぶんまた興味がもどるのを願って

0 件のコメント:

コメントを投稿