Welcome to touyou note!!

こんにちは。touyouです。touyou noteは、creativeな人間を志すちっぽけな学生が様々なことに体当たりするブログです。
どうぞお楽しみ下さい。

Twitter: @touyoubuntu
HomePage: TOUYOUBUNTU

検索用ワード

PC Linux Windows Cygwin Android Python Java C/C++ C# HTML Processing Lisp Perl Arduino Japanino Unity Google TopCorder Codeforces Vim Emacs Github PSP Gundam Soccer Mobile Dialy Study Music ...

2011年11月8日火曜日

steve jobs

読み終わりましたv(=^0^=)v

黙祷→http://www.apple.com/stevejobs/

あ、黙祷ではないか(^^ゞ



滅茶苦茶面白かったです♪
ではちょっと感想。。。

この伝記が面白い所以、それはjobsの希望によりありのままのjobsが書かれているからです。

決して、美化もされてないし、ただの悪口でもない。
jobsの全てが知ることができるんです。

そう、公式伝記ならね(笑)


この伝記を読んだ二週間は、僕にとってものすごくいい体験でした( ^∀^)

jobsのおかげでcreativeな人間になろうとも思いましたしw




ではここからは若干のネタバレを含むので、これから読む人は読んでからまた見てください。













jobsの人生でなにより驚いたのは、jobsが麻薬常習者であったという事実です。
jobsが生きた1960,70年代はヒッピーという反社会的な考え方をもった若者たちが沢山いたそうで、jobsはその典型として書かれてるほか、jobs自身も様々な人に『LSDはいい経験だった』と麻薬のことを語ってるらしいのです。

普通の人はjobsのいいところしかしらず、ある程度知ってる人も、大学中退など形式的な事実しか知らないと思うのですが、jobsはこの麻薬にとどまらず、人間としては最悪の人間であったともいえます。
これは決して最高の経営者でなかったという意味ではないですよ。


時々聞くjobsの現実歪曲フィールド、これはjobsの頑固で気性の激しいところから生まれたものでした。


それでもjobsの信念と生き甲斐には本当に感動しました。




じゃ、感想書いててもまとまらないので名言抜粋
洗練をつきつめれば簡潔となる
これから座右の銘にします(笑)
「僕のことを子どもたちに知ってほしかったんだ。父親らしいことをあまりしてやれなかったけど、どうしてそうだったのかも知ってほしいし、そのあいだ、僕がなにをしていたのかも知っておいてほしい。そう思ったんだ。もうひとつ。病気になったとき、気づいたんだ。僕が死ねば、僕についていろいろな人がいろいろなことを書くはずだけど、ちゃんと知ってる人がいないって。間違いばかりになるって。だから、僕の言葉を誰かにちゃんと聞いてほしいと思ったんだ」
 いい話だ・・・


jobsの話はあまりにも僕とかけ離れていて、驚きの連続だったけど本当に読んでよかったと思う。

では、話が下手なのでここらへんで(´ー`)/~~

0 件のコメント:

コメントを投稿